スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
毎週水曜更新歌詞

 『夜明けの風』
 作詞・作曲 かん太 作詞年号→2006年4月10日

 「ボクはきっと泣きたいのだろう」
 夜明け空 あまりにも綺麗すぎて
 ふと 君の笑顔が過ぎった

 ウソつきでもいいよ
 君が泣かないのなら
 それなのに どうして
 あの日を思い出す?

 いたずらのようであたたかい
 光がただ嬉しくて
 笑顔はすぐやってくるのに
 「悲しみ」は突然で

 今更痛んだ

 
 「私はもっと強くなりたい」
 夜明け空 新たな日々の始まり
 ふと アナタの笑顔が過ぎった

 突き放した心に
 アナタはもう触れない
 当然のことなの?
 ねぇ 教えてよ

 いじわるのようであたたかい
 アナタがただ大好きで
 愛しさは増えてゆくのに
 「悲しみ」はただ突然で

 今でも泣いている

 
 ほら 今ふたりに
 風が吹いた
 さぁ あの日のふたりに
 今背を向けて

 深いようで浅すぎた
 愛が思い出に変わる
 ただ告げたいことは
 「ありがとう」と……

 最後まで優しすぎた
 それでも痛みすぎた
 夜明けの風は通り行く
 この今をただ

 撫でていく


 
----------------------------------------------------------

 今回はふたりともを出しました。
 次回、このストーリーを書こうと思います。
 なんで説明はナシ!(オイ)
 
 
 

 
 
 

 
スポンサーサイト

テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽

【2006/04/12 21:04】 | 歌詞 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<ブログノベル開始!~注意事項~ | ホーム | .hack//黄昏の腕輪伝説☆★☆>>
コメント
私の中では、詩・詞の書ける人って
荒波のような人生送ってきてる人って印象です。
歌詞、考えれる人はすげっすよ。
だから私の中では、かん太さんは
激動の人生を送ってきた凄い人。(ぉぃ)
【2006/04/12 21:58】 URL | #-[ 編集] | page top↑
マジっすか(笑
でもまぁ……ある意味送ってきたかな☆(ぇ
【2006/04/13 18:16】 URL | かん太 #I9hX1OkI[ 編集] | page top↑
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://oreton.blog59.fc2.com/tb.php/19-d97d25db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。